ニュージーランド海外移住でFXトレード! 2013年4月のNZD & AUD 経済見通し

ニュージーランド海外移住でFXトレード!

ニュージーランドのオークランド在住の素人トレーダー。ニュージーランド経済事情をお伝えします ^^;。ビギナー的テクニカル分析も必見?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年4月のNZD & AUD 経済見通し

ブログ: ニュージーランドでFXトレード(外国為替証拠金取引)!
姉妹サイト: ニュージーランド海外移住 節約術
姉妹サイト: 実践!ニュージーランド海外移住 PART2

■・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・■
 前回の記事 :
  ▲ 2013年3月のAUD/JPY 見通し

 最近の人気記事 :
  ▲ オーストラリアの経済動向 2012年12月
  ▲ ニュージーランド経済 クライストチャーチ地震後の為替市場への影響
  ▲ ニュージーランド利下げ後の経済と今後の動き
  ▲ G7協調介入後のシナリオ

■・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・■


こんにちは!

いよいよ2013年も新年度に入りましたね~
 
日本はそろそろ春の気配を感じれる雰囲気になって
来てるんでしょうかね?( ̄▽ ̄)。o0○

ニュージーランドもきっちり秋の気配が漂ってて
朝晩なんかは既に寒いぐらいな感じです
(コレは僕が寒がりだから・・・っと言う説も)  ^^;


っと言いつつ、今現在、僕が何処に居るかと言いますと?

実は同じ南半球ではありますが、オーストラリアの
ケアンズと言う所に旅行で来ています 笑

まさに僕が最近よく取引してる通貨ペアAUD/JPY
そのものなんですが

残念ながら僕の利用している会社は、取引通貨をそのまま
現地通貨で引き出すっていうサービスはやってないので

・・・ポジションを解消することも有りません ┐(  ̄ー ̄)┌

僕は今回、オーストラリア旅行の後には日本に向かいますので
ポジションを現地通貨で引き出せるってサービスに関しても
ちょっと勉強しないとですね♪ _φ( ̄ー ̄ )メモメモ

    ニュージーランド AUD オーストラリアドル 政策金利

さて・・・

為替相場の方ですが、現在、アベノミクスと言う事で
非常に安定した円安トレンドが継続しています

少し偏った見方ではありますが、米ドル円(USD/JPY)
のトレンドの周期で考えると、2014年一杯頃までは
円安トレンドが続くという説が大勢なので

消費税導入などと絡めて?長期展望としてのUSD/JPY
がLポジ主導っと言うのはトレードのベースになって
来るかなぁ~と思ってます

そこで・・・

僕が取引するAUD/JPYやNZD/JPYといったクロス円が
どう立ち回っていくのか?っと言うのは十分に検討
する必要があると思っています

つまり、USD/JPY程には顕著なアップトレンドには
ならないと思いますので _φ( ̄ー ̄ )メモメモ


---------------------------------------------------------
★ちょっきーの注目記事: 「円安株高おとがめなし」
 ブログ: 『 NZドルで勝負!新米金持ち父さんの外国為替日記 』
 人気ブログランキング 現在1位 ココから →にほんブログ村 為替ブログ NZドルへ
---------------------------------------------------------


では今回はいつもと違いまして、ファンダメンタルズ
に関して触れておこうかなと思います

新年度だから・・・と言う訳でも無いんですが ^^;

今一度オーストラリアやニュージーランドの経済動向を
年度初めに抑えておいて、今後のトレードスタンスを
決めるのも悪くないかなぁ?っと言う感じです♪


ではまずオーストラリア経済の方から


4月2日、豪州準備銀行(RBA)は定例の金融政策委員会
において3回連続で政策金利を3.00%に据え置きました

世界経済に回復の兆しが出ている上に、オーストラリア
経済にも過去の利下げ効果が現れていて、現在、緩和
スタンス維持による様子見姿勢を続けている模様です

しかしその一方で、足下の急速な豪ドル高をけん制する
姿勢も見せていて、追加的な利下げの実施にも含みを
持たせてもいます

ただし、過去の声明文に比べて内外経済の見通しが改善
している状況から、利下げ実施のタイミングは早くても
2013年後半以降に後ろ倒ししているものと考えられている
そうです



---------------------------------------------------------
★ちょっきーの注目記事: 「豪ドル円はあっさり105円突破」
 ブログ: 『 豪ドルFXで毎月30万円スワップ金利生活 』
 人気ブログランキング 現在6位 ココから → 人気ブログランキングへ
---------------------------------------------------------


オーストラリアの景気自体は依然底這いの状況が
続いてますが、内需を巡る状況は過去の利下げや
国際金融市場の落ち着きも追い風で改善しつつ
ある様です

ただし鉱業部門の設備投資は頭打ちしている上、
異常気象による悪影響も残る中、政府の財政健全化
の取り組みも景気の足かせになると予想されています

9月には連邦議会選挙が予定されていますが、
炭素価格制度や鉱物資源利用税の行方は依然不透明で
当面の設備投資の重石になると言われています

景気の不透明さや米国経済の堅調は、過去数ヶ月の
豪ドルの対米ドル相場の重石になってきましたが、
利下げ観測の後退や

RBA高官による豪ドル高容認発言は、先月以降の豪ドル
高に大きく影響したと言われています

最終的に、今回のRBAによる豪ドル高けん制姿勢や
追加利下げの示唆により、豪ドル相場の急上昇を抑制
しようとする動きが散見されますが

国際金融市場の不透明感が残る中では、高格付の
オーストラリアへの資金流入が促されAUD高となり易い
と予想されています

  

■・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・■

    news_logo_rgb_web.jpg

2013年、近年まれにみる円安トレンドがスタート
していますが、このトレンドを安全・確実に収益
に結び付ける手法として新たなノウハウが発売
されました

恋スキャFXと言う教材で有名な、FXーJinさんの
ノウハウを利用し、その中でも飛び抜けた成果を
出されていた関野典良氏のノウハウがついに教材化
されました

それが「トレンドハンターFX」です

⇒⇒⇒ 「【新発売!】トレンドハンターFX」

トレンドハンターFXは、基本、移動平均線2本
をメインにトレードします

4時間足か日足がメインなので、エントリーや
決済のタイミングが焦らずじっくりと出来るコト

細かい視点でなく限りなくシンプルにエントリー
決済、損切り、ロット計算などすべてのトレード
が親切に解説されてる点が評価されています

他の教材や塾などに比べサポート体制の充実ぶり
もクロスリテイリング社がバックに控えている
コトは大きなポイントです

スイングトレードで成果を上げたい方向けの
ノウハウに興味のある方は確認してみて下さいね

⇒⇒⇒ 「【新発売!】トレンドハンターFX」


■・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・■


では次にニュージーランド経済に関して・・・


ニュージーランド経済は堅調な住宅市場を背景に
昨年末から回復ペースが加速しつつあります

2012年度第4四半期の実質GDP成長率は前年比3.0%
と、2.0%前半とみられた潜在成長率を大きく上回る
ペースで成長しました

今後についてニュージーランド中央銀行(RBNZ)の
ウィスラー総裁は2016年にかけて、2~3%程度の成長
を見込んでいるのですが、

成長のけん引役として建設需要や住宅投資の拡大を
挙げる一方で、通貨高による輸出関連の下押しを懸念
しています

NZドル自体は相変わらず高値圏での推移が続いている
のですが、イタリア総選挙やキプロス情勢の不安により
下押しする場面がみられつつも

欧米に比べNZの実体経済が堅調である事や高金利通貨
としての投資妙味から相場の上昇圧力が下支えとなってる
とみられています

RBNZは3月14日の金融政策会合で2011年3月以来、
引き続き政策金利を引き続き2.5%に据え置きました

声明文では住宅投資の増加や企業及び消費者のマインドの
改善を受け内需や生産が拡大する一方で、

労働市場の弱さやNZドル高による輸出企業の収益悪化に
言及し、景気の上振れ・下振れの両方のリスクを指摘して
いる状況で、今年の年末までは政策金利を変更しない見通し
を公表しています



■・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・■


●海外で活躍する金融のプロが無料WEBセミナー特別公開


世界中からトップレベルの投資家が集まる香港で、
7年間活躍する金融プロフェッショナルだからこそ知っている
お金のカラクリやグローバル基準の投資成功法則を
無料WEBセミナーで特別公開!

今回のWEBセミナーは・・・

・あなたがアベノミクスで大損している理由は?
・世界で成功している投資家の共通点とは?
・今後の日本に対する大胆予測とは?
・国内金融機関があなたに教えない投資商品の真実とは?

などの情報が無料で公開されるようです。

あなたの知らない金融の世界を
今回のWEBセミナーで解決しませんか?

当日のWEBセミナーで質疑応答も自由にできますので
疑問に思っていることは当日解消できます。

無料WEBセミナーの参加はこちらから。
※4月24日(水)20時00分までの期間限定

投資成功法則 無料WEBセミナー


●無料!【期間限定】FXレポート

【5年以上勝ち続けるFX成功法則】
城北忠明のFX初心者必勝法・無料レポート



■・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・■


さて、久々にちょっとファンダメンタルズ情報を書いて
みましたが如何でしたか?

米ドル程の強さは感じられない雰囲気が漂ってる様に
感じるんですけどね~ ( ̄▽ ̄)。o0○

つまり米ドル円などのドルストレートほどにはクロス円は
順調に行かないんじゃないかなぁ・・・などと個人的に
思っているところです 

なのでクロス円に関しては、変な言い方になりますが
「円安の強さ」がどれぐらいか?って言うのがクロス円
のポイントになるのかな?っと ^^;


っと言う事で、結局はやっぱりチャートで確認していくこと
になっちゃうんですが 汗

月足や週足で長期的なトレンドを押さえておく事と同様に
やっぱりファンダメンタルズに関しても、大きなところは
押さえといた方が実際のトレードに役立つんだろうなって
改めて思いました♪


これからも頑張りますので、応援ポチっとお願い致しま~す!
にほんブログ村 為替ブログ NZドルへ
ブログ村ランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン
blogram.jp





スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

chokky1027

Author:chokky1027


こんにちは!ちょっきーと言います。

New Zealand(ニュージーランド)
のAuckland(オークランド)
って言う所に住んでします。

今の世の中、例え日本に居ても
世界の情報は簡単に手に入ると
思うんですが^^;

せっかく現地に住んでるので?
NZDや隣の国のAUDに関わる
「為替絡み」な現地情報を
お伝えして行こうと思っています♪

マイナー通貨なNZD^^;
では有りますが、是非情報シェアして
トレードに活かせれば嬉しいです。

コメント、お便り、応援ポチ♪など
勿論、受け付けてますので
皆さん、絡んでやって下さいね!

〓主要国 政策金利〓
FX データFX投資ツール
〓 FX無料information 〓 

2017年にFX初心者が

安定した投資収入を得る方法


「投資の学校プレミアム」

 
キャッシュバックキャンペーン











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。