ニュージーランド海外移住でFXトレード! ニュージーランドのファンダメンタルズ分析 2010.4

ニュージーランド海外移住でFXトレード!

ニュージーランドのオークランド在住の素人トレーダー。ニュージーランド経済事情をお伝えします ^^;。ビギナー的テクニカル分析も必見?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニュージーランドのファンダメンタルズ分析 2010.4

ブログ: ニュージーランドでFXトレード(外国為替証拠金取引)!
姉妹サイト: ニュージーランド海外移住 節約術
姉妹サイト: 実践!ニュージーランド海外移住 PART2

■・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・■
 今月の人気記事: ニュージーランドのファンダメンタルズ分析 2010.3
■・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・■

【 現在のカテゴリー一覧 】

▼ ニュージーランド/ファンダメンタルズ分析
▼ ニュージーランド/ファンダメンタルズ情報
▼ オーストラリア/ファンダメンタルズ情報
▼ ニュージーランドでNZDトレード 今日の作戦
▼ マーフィー氏のスパンモデル/スーパーボリンジャー検証
▼ 【番外編】 初トレード用&負けが続いた場合の資金稼ぎ

※上の一覧よりご確認ください


ニュージーランド中央銀行(RBNZ)の政策金利発表を明日に控えまして、今更ながらですが今月の分析を少し書いてみます。
もう月末なんですが…そういや4月のを書いて無かったんですよね・・・( ̄▽ ̄;)


明日のニュージーランド中央銀行(RBNZ)の政策金利発表を控え、エコノミストの今後の見通しは一時期より少しトーンダウン気味の模様です。。。


------------------------------------------------------------------
★ちょっきーの注目記事: ギリシャのデフォルト確率は48%!
 ブログ: 『 まり日和 』
 人気ブログランキング 現在64位 ココから→人気ブログランキングへ
------------------------------------------------------------------


材料として・・・

●GDPから見るとは供給サイドではプラス成長、需要サイドでみてもプラス成長と、実需の景気回復の動きははっきりしてきています。

●ニュージーランド中央銀行は前回会合において、以前のまま2.5%で政策金利を据え置きし(据え置きは2009年6月以来7回連続)、「景気は想定通り回復の動きが続いており2010年を通じて持ち直しの動きが更に続くだろう」と前回同様ポジティブ発言です。

●問題のインフレ見通しについてですが、「中期的にはインフレ・ターゲット(1?3%)内で推移するだろう」としながらも「短期的には排出権取引の実施による企業の負担増などがインフレをターゲット上限まで押し上げるだろう」としています。

直近のインフレ率は2009年10-12月期が前年比+2.0%と前期から伸びが拡大しており、今後、景気回復の動きに加えて上記のようなコスト上昇圧力も加わりインフレは緩やかに上昇していくとみられています。

●その時点の金融政策見通しとして「2010年の半ば頃に金融緩和を解除すると引き続き予想している」とし、前回同様の利上げ予測を維持しましたが、雇用回復の遅れや声明受けてマーケットの金利先高見通しはややトーンダウンしました。

●2010年第一四半期の消費者物価指数(CPI)上昇率はマーケットの予想を下回り、ニュージーランド準備銀行は年央以降まで低金利を維持できるとの見方が最近高まり始め、これに対してニュージーランドの主要銀行の一つASB銀行のチーフエコノミストは「中央銀行がどう予想していたかが大変重要で、6月の利上げはなお選択肢として残っているが可能性としては7月に傾きつつあると思う」と話しています。


・・・少なくとも現時点で明日の政策金利発表の利上げ確率は2%しかないとか?の調査結果ですが(笑)、その声明に関しては期待(それとも不安?)が集まるところです♪


------------------------------------------------------------------
★ちょっきーの注目記事: FOMC・RBNZ政策金利発表を控えての分析
 ブログ: 『 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 』
 人気ブログランキング 現在41位 ココから→人気ブログランキングへ
------------------------------------------------------------------


まぁとかく南半球の片隅でオーストラリアとニュージーランドは両方とも資源国通貨・・・などと同一視されがちだったんですが(某為替ラジオでも♪(笑))ここに来て大きく差が出てきましたよね。。。

ただですね・・・
今後の事を考えた場合、考えておいた方が良いかな?って思う事がひとつあります。

上昇の一途を辿る?AUD/NZのトレンドにも関わる話ですが、オーストラリアの現在の金利先高観とそれに伴う織り込み済みな内容、それと最近の個人消費の鈍化やRBAの弱気発言・・・

何が言いたいかと言うと、今後、まだ現水準から何%ぐらい上げるかな?
( ̄▽ ̄)。o0○っと。。。

かたやニュージーランドの場合、現状RBNZがRBA並みに政策金利をどんどん引き上げることは全く無いだろうと考えられています。
上げて行き始めても徐々?にゆっくり?

ニュージーランド経済は足許は回復基調に転じてはいますが、全く安心感は無く(笑)、回復の長期化が考えられているんですが、ある意味ではこの長期化・・・って言う所がミソなんでは?などと思う訳です。

米、欧、日本の主要3先進国は、勿論ファンダメンタルズ的な話題に事欠かないですが、オーストラリアもカナダも、そして中国もそれなりに話題が有りますよね?
それに引き換えここんとこ全く話題の無いニュージーランド。。。

けど全く人気の無いニュージーランドが話題に上るとしたらそれはいつ?
興味がわくところです♪ (*^O^*)


これからも頑張りますので良ければ応援ポチっとお願い致します!(*^O^*)

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
blogram投票ボタン
 blogram.jp


スポンサードリンク

Re: タイトルなし
>masaさん

多分NZDは本来の経済状況とは関係なく(笑)、2010~2011間で一度は大きく強くなる(買われる)時が来るんじゃないかな?と思って記事を書きました。

その後どうなるかは怪しいですが♪(*^O^*)
[ 2010/04/29 11:47 ] [ 編集 ]
ちょっと最近NZちゃんに注目しておりますw

意外と70円超えるの早いのではと・・・
底堅い動きに見えるのはあたしだけ?w
[ 2010/04/30 10:01 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>株で大損こいたママさん

AUDならともかく…と言うイメージですが、何気に?NZDも底堅いと言えるんでしょうね。。。
やはり同一視されてる?(笑)
巷の話しではそんな景気がいい話しは全然聞かないんですが・・・

RBNZが前回までの文言を一部変えたのが気になります。
「年半ばごろに・・・」 → 「これから数カ月以内に」
[ 2010/04/30 10:30 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>masaさん

了解です♪
[ 2010/05/01 10:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

chokky1027

Author:chokky1027


こんにちは!ちょっきーと言います。

New Zealand(ニュージーランド)
のAuckland(オークランド)
って言う所に住んでします。

今の世の中、例え日本に居ても
世界の情報は簡単に手に入ると
思うんですが^^;

せっかく現地に住んでるので?
NZDや隣の国のAUDに関わる
「為替絡み」な現地情報を
お伝えして行こうと思っています♪

マイナー通貨なNZD^^;
では有りますが、是非情報シェアして
トレードに活かせれば嬉しいです。

コメント、お便り、応援ポチ♪など
勿論、受け付けてますので
皆さん、絡んでやって下さいね!

〓主要国 政策金利〓
FX データFX投資ツール
〓 FX無料information 〓 

2017年にFX初心者が

安定した投資収入を得る方法


「投資の学校プレミアム」

 
キャッシュバックキャンペーン











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。