ニュージーランド海外移住でFXトレード! ニュージーランドのファンダメンタルズ分析 2010.3

ニュージーランド海外移住でFXトレード!

ニュージーランドのオークランド在住の素人トレーダー。ニュージーランド経済事情をお伝えします ^^;。ビギナー的テクニカル分析も必見?!

ニュージーランドのファンダメンタルズ分析 2010.3

ブログ: ニュージーランドでFXトレード(外国為替証拠金取引)!
姉妹サイト: ニュージーランド海外移住 節約術
姉妹サイト: 実践!ニュージーランド海外移住 PART2

■・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・■
 今月の人気記事: ニュージーランドのファンダメンタルズ分析 2010.3
■・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・■

【 現在のカテゴリー一覧 】

▼ ニュージーランド/ファンダメンタルズ分析
▼ ニュージーランド/ファンダメンタルズ情報
▼ オーストラリア/ファンダメンタルズ情報
▼ ニュージーランドでNZDトレード 今日の作戦
▼ マーフィー氏のスパンモデル/スーパーボリンジャー検証
▼ 【番外編】 初トレード用&負けが続いた場合の資金稼ぎ

※上の一覧よりご確認ください


ニュージーランドドルの為替相場に最も影響を与えている?と思われるものの一つに、ニュージーランドの政策金利が有ると思います。
このニュージーランドの政策金利、2010年の3月現時点では2.5%です。
これは、1999年にニュージーランドが政策金利(Official Cash Rate)を導入して以来最低の数字です。

<参考>今までのニュージーランドの政策金利の推移
: Official Cash Rate (OCR) decisions and current rate

この推移を見てもらうと判る通り、2007年後半から2008年前半まで政策金利は8.25%となっており、この期間にNZD/JPNは最高97円台まで上昇しました。
逆に2008年後半からの世界的な金融危機を受けて、たった1年以内に政策金利は
2.5%まで落ちています。
この間のNZD/JPNの最安値は44円台で最高値の半値以下です。

この政策金利と言うモノですが、政策金利の調整を行っているのはニュージーランドの中央銀行RBNZで年に8回政策金利の発表を行います。

【今後の政策金利発表予定】
:3/11、4/29、6/10、7/29、9/16、10/28、12/9

現在の市場(マーケット)の関心事は、この6/10の発表時に「政策金利が2.75%に引き上げられるだろう」と言う事をどれぐらい織り込んでいるのか?と言う事だと思います。
何故かと言うと、過去2回のRBNZ総裁の声明文に「2010年の中ごろに景気刺激策を解除し始めるだろう」と言う文言が有ったからです。

なので次回3/11の政策金利の発表もさることながら、同時に公開されるRBNZ総裁の声明文にも関心が高まって来ています。


ニュージーランドドルは勿論先進国の通貨として、FX取引や外貨預金などある程度の注目を集めているとは思うんですが、僕が個人的に思うニュージーランドドルの考え方として

■いわゆる先進国通貨USD、EUR、GDP、AUSやJPNと比べると圧倒的に流通量は少ない。(通貨が流動的では無い)
■AUSと連動して考えられているのか不明ですが、結構いろんな所で資源国通貨と思われがちなんですが、決して資源国通貨では無い。(ニュージーランドは農業国)
■ニュージーランドの国内の様々な市場規模は先進諸国と比較するとかなり小さい。

何が言いたいのかと言うと、「ニュージーランドの経済が世界の為替事情をけん引する」と言う事はまず無くって(笑)、「世界の動きにニュージーランド経済が影響を受ける」事が多いって言う認識のもとにトレードする事が大事なことかなぁ?
( ̄▽ ̄)。o0○・・・と。

2010年3月時点の現在では世界経済が回復すると言うストーリーはまだまだ何通りものシナリオが有り不安材料も目白押しです。

目下の2大市場の問題、米国の経常赤字と雇用問題並びにEUの信用不安やギリシャを例とする財政問題もさることながら、特にAUSの影響をよく受けるNZDとしては、現在
AUSと相関関係にある中国経済が注目されるところです。
中国人民元の問題もそうですが、現在かなり危機感を持たれているのが都市部の不動産バブルに関してです。
これが崩壊してしまうと世界経済に与える影響は相当なものになると言われています。


今後も頑張りますので良ければ応援ポチっとお願い致します。(*^O^*)

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
blogram投票ボタン
 blogram.jp


スポンサードリンク

管理人様、初めまして。

突然ご連絡いたしまして申し訳ありません。金融ポータルサイトのForexpros.jpと申します。

投資家の皆さまに当サイトの存在を知っていただきたく、連絡させていただきました。ライブ通貨レートやチャート、経済指標カレンダー、フィボナッチ計算機等のツールが大変充実しているサイトです。専門家や個人投資家の方々による分析も随時更新しております。

また、最近ではFXだけではなく、世界の株価指数や主要銘柄、リアルタイム先物表、米ドル指数等の情報も追加、ブログパーツも多数掲載しております。

お時間がありましたら、是非一度ご覧いただけたらと存じます。

宜しくお願い申し上げます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
[ 2010/03/08 16:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

chokky1027

Author:chokky1027


こんにちは!ちょっきーと言います。

New Zealand(ニュージーランド)
のAuckland(オークランド)
って言う所に住んでします。

今の世の中、例え日本に居ても
世界の情報は簡単に手に入ると
思うんですが^^;

せっかく現地に住んでるので?
NZDや隣の国のAUDに関わる
「為替絡み」な現地情報を
お伝えして行こうと思っています♪

マイナー通貨なNZD^^;
では有りますが、是非情報シェアして
トレードに活かせれば嬉しいです。

コメント、お便り、応援ポチ♪など
勿論、受け付けてますので
皆さん、絡んでやって下さいね!

〓主要国 政策金利〓
FX データFX投資ツール
〓 FX無料information 〓 

2017年にFX初心者が

安定した投資収入を得る方法


「投資の学校プレミアム」

 
キャッシュバックキャンペーン